弊社は5月末が決算なので、今月末が申告期限だ。

自計化というとカッコがいいが、要は、パソコンへの仕訳入力を社内でするので、実務的には結構大変な作業となる。

簿記を学んだのは20年以上も前のことだが、今日も大いに役立っている。

企業人として、日々の心構えは確かに大切だが、知識があることで乗り切れることも多数ある。 クライアントの若手社員さんらに対し、最近は特に学ぶことの大切さを訴えているのだが、やはりそうだなぁと実感する。


9月には、新規クライアントが企画するバイクツアーに、バイクのライダーとして参加する予定だが、これも20年以上前に取得した二輪免許あってこそのアクションだ。

若いうちに学び、経験という肥料を得て育つと、アラフォーやアラフィフになってもそこそこイケる!ということだ^^


さらに今から老後をイメージすると、今日に何を学ぶかで楽しみ方が全然違ってくるだろうなぁと思う。

さぁ、また何を始めるかな……