市場戦略家の文武両道、日々実践!

現役の戦略コンサルタントが、そっと漏らす日々の本音トーク。

2006年02月

友人の笠岡はじめ氏が本を出版

友人の笠岡はじめ氏が本を出版しました。

内容もさることながら、お楽しみのプレゼントがあるそうです。
大注目ですね♪ では下記より、ご案内です・・・

 ----------------------------------------------------------------------

 ■飲食店繁盛会 タルイタケシと笠岡はじめの出版記念キャンペーン
    〜 できればアマゾン10位以内に入りたいキャンペーン 〜

 『繁盛飲食店にする1分間セミナー』 タルイタケシ・笠岡はじめ(著)
                       (同文館出版) 1,470円

 を、2月27日(月)〜2月28日(火)の間に、アマゾンで購入していただける
 と飲食店繁盛会の新小冊子(PDF版46ページ)をいち早くプレゼント
 いたします(ダウンロード)。

 ▼キャンペーン詳細・応募方法はこちら
  http://www.hanjoukai.com/2006/02/20/

 ▼アマゾンでの詳細ページはこちら(こちらから購入できます)
  http://tinyurl.com/jy9dm

 ※もちろん、お近くの本屋さんで購入していただいても嬉しいです。

 ----------------------------------------------------------------------

明日からキャンペーンのようですね。楽しみです。

紅茶を飲んで、人生のゴールデンルールを考える

九段にあるインド大使館に行ってきた。
日本紅茶協会・主催の『インド紅茶を楽しむ会』に参加するためだ。

男3人でいったが、会場はほぼ女性で埋め尽くされていた。
少しビビりが入りつつ(笑)席につく。


大使館関係者のお話し、紅茶の歴史のお話し、インドの街のビデオ上映が続く。
また、サリーという民族衣装の着付けもあって、とても楽しい会だ。

ダージリンとロイヤルミルクティーの試飲があって、これさえ味わえば、本日の目的は完了!あとは帰るだけだ!と思っていたところ、最後にティーインストラクターを名乗る女性が出てきて、なにやら紅茶のおいしい入れ方の説明を始めた。

はじめは、ボーっと聞いていたが、こんな言葉で、惹き付けられてしまった。

『みなさんの中で、この茶コシで紅茶を入れてらっしゃる方はいらっしゃいますか?
 ここに茶葉を入れ、お湯を注ぎ、適当に色が付いたらできあがり…という方です。』

『(あ、オレのことだ・・・)』

『もしそういう方がいらっしゃるとすれば、それは紅茶を入れたんではなく、色付きのお湯を入れた!ということになります。
 それは紅茶、ではありません』


そして、本当の紅茶の入れ方を丁寧に教えてくれた。

ポイントは・・・

 ”ずティーポットで入れること
 熱湯を使うこと
 3分ほど蒸らすこと
 っ蹐袷阿縫好廖璽鵑巴罎涼稷佞鬚劼箸泙爾垢襪海
 イ修靴董▲ップに注ぐとき、ここで茶コシを使い、ベストドロップと呼ぶ最後の一滴まで注ぐこと

・・・なんだそうだ。

そして Δ△蕕じめポットやカップはお湯で温めておくのは言うまでもないこと

以上すべてが『紅茶を入れるときのゴールデンルール』といわれるそうだ。


ここで自分は、ガーンと頭をハンマーで打たれたように、衝撃に襲われた!

紅茶にゴールデンルールがあるならば、きっと私たち人間の生き様にもゴールデンルールがあるに違いないと!

ティーインストラクターはいても、人生インストラクターという人はいない。

いったい私たちは、誰に人生のゴールデンルールを学べばいいのだろうか。。。


その答えのひとつに、先人達の智慧に学ぶ、という姿勢があるだろう。
つまり、世にその道でプロと呼ばれる方々の体験が手本になるということだ。

既に亡くなった方であれば、そのお弟子さんらに。
あるいは、生存中に示した著書などに、当たるのだ。

試行錯誤も良いが、近道があらかじめわかっているなら、そこを通った方がいい場合が少なくない。

人生のゴールデンルールについては、思うに、次の二つに集約できるだろう。
それは、ー分自身との折り合いの付け方、そして外部との交流の仕方だ。

そう、内と外の関係だ。
言ってみれば当たり前だが、一行で表現できるには、確信がないと無理だ。

この二つから、様々な問題が派生してくるのだ。
・・とこの先を続けたいところだが、筆が重たくなってきたので、またの機会にする。

桑原正守氏との出会い

セールス・アソシエイツ社は、マスターセールスマンを育成している人材教育会社だ。

マスターセールスマンは、いわゆるトップセールスマンを越える、営業マンの最高峰を指して使う。

セールス・アソシエイツ社の代表は桑原正守氏。

SMIというアメリカ発・成功哲学プログラムの販売において、三冠王を獲得したキャリアを持つ伝説の営業マンだ。

彼自身が、日本で最高峰のマスターセールスマンそのものである。

 

会うのはこれで二度目だが、きょうはじっくりと話しができた。

年齢は私より若干お若い彼だが、はっきりいって、私は彼に惚れた!!

素晴らしいオトコだ。

 

弊社はマーケティングのコンサルティング会社だが、クライアントの増販には、実のところ、セールスに携わる社員さんの育成が必須だ。

新規顧客開拓の現場では、マーケティングとセールスの連携が欠かせないからだ。

メルマガでも拙著でも書いているが、マーケティングの業務の本筋は、見込客をあぶり出す部分であり、セールスの業務の本筋は、その見込客から問題意識を引き出し〜プレゼンし〜クロージングすることだ。

 

マーケティングの支援は、もちろん弊社でやれるが、他方、セールスの指導をするときの教材コンテンツについては、どうしようかと、最近、問題意識を持っていたところだった。

そして……ここで出会った!!マスターセールスプログラム、通称MSP。

マスターセールスマンを育成するための、プログラムだ。

開発者は、そう、桑原正守氏、その人だ。

 

その昔、自分が30歳ちょうどのときだが、ナポレオンヒルのPMAプログラムとHSSプログラムを実践した。

自分自身、会社勤めだった頃。人間関係や業務のことで悩んでた頃のことだ。

ナポレオンヒルプログラムは、もちろん素晴らしかった。
ただなにぶん値段が高い。
桑原氏がやってたSMIも同じ位の金額のはずだが、120万円を超える自己投資となる。

 

いずれにしても、内容は素晴らしいが、価格も素晴らしいため(笑)、やりたい人は多くいるだろうが、実際に買える人は少ないはずだ。

あと、難点を言えば、やはり Made in USA. 、カルチャーの違いが微妙に出る。

また、購入後のフォロー面で、既存のプログラム販売会社は弱い。

 

このあたりの難点をほぼクリアしたのが、このMSPだ!


今後、セールス・アソシエイツ社では、このMSPについて、これまで3,000セットを売ってきたが、今後はFCジーを通じて販売することに切り替えるそうだ。

この点、様々なことを考慮して、弊社では、セールス・アソシエイツ社のFCジーになる決意を固めるところだ。

マーケティングのコンサル業とのシナジー効果も十分出そうに思える。

 

さらに、FCジーの傘下のセールスプライマーという、特約店のような立場については、弊社の裁量で構築できるそうなので、このブログを読んで興味の湧いた人がいれば、ぜひアクセスして弊社と提携して欲しい。

SEO対策セミナーに出席

弊社のWebサイトのドメイン、つまり・・・

http://www.moongroup.jp/

については、“お名前ドットコム”で取得した。

知ってる人も多いと思うがこの、“お名前ドットコム”はGMOが運営している。

 

弊社がGMOに決済する金額は、年間1万円程度だが、GMOの主催する“ホームページ大学”というスキルアップセミナーに参加する権利があるのだ。

これについては、超々満足度の高い付加価値サービスだといえる。

 

きょうは午後1時から、渋谷のセルリアンタワーの11Fで“SEO対策”についてお勉強♪

前半は基礎的で知ってることも多かったが、後半はとても学びがあった。

特に目からウロコが落ちたのは講師の言った“キーワードやタグをいじる前に、他サイトから多くのリンクを獲得し、googleのページランクを上げましょう”という言葉。

現在、弊社のWebサイトは、会社のブランディングを主にしたどちらかというとスタティック(静的)な作りになっている。

春には、これをダイナミック(動的)なサイトにリニューアルしたい。

積極的な情報提供を因果の因にして、結果の果としてアクセスしてくださった方のメアドをDB化(ハウスリスト化)するのだ。

これにより、双方向の運営にシフトする。

今後、弊社のサイトの運営方法を、クライアントのWEBマーケティングのサンプルにしたい狙いもある。

16年ぶりの帯状疱疹

朝から木場で会議。

ランチを挟んで午後も継続。

 

ところで2、3日前からワキ腹あたりに何やら異変が・・・

ジンマシンにしては様子がおかしい。。。

もしや、これって・・・16年前の悪夢が甦る(やや、おおげさ)

 

夕方近くになって、16年前と同じ先生に診てもらった。

『帯状疱疹だよ、これは』  ・・・やっぱり〜 泣

 

しかし、H先生、お懐かしゅうございます。

診察1分、お話し20分って感じでした 笑

 

3週間ぶりのコーチングでスッキリ

土曜の昼下がり……3週間ぶりのコーチング。

やっぱコーチングはイイ!

セルフコーチングができるぜオレは……なんて思うことが過去に何度もあったが、それって思い上がりだったな。

渦中にいたら気付かないことってあるんだよ、やはり。

心のツッカエがスッキリ。ありがとう、ミキミキ。

次回以降の課題設定しないとだなぁ。。。

 

ところで、『課題』には『目標課題』と『方法課題』がある。

ちまたでは、まとめて『課題』って一くくりにするから、はっきり言って混乱してる人多いと思うよ。

目標課題とは、将来の到達点の設定項目のこと。

少しあいまいに決めるときもあって、それは『戦略の方向性』と同義と言ってもいいだろう。

 

方法課題とは、目標課題に至る実践項目のこと。

こっちは、戦略の実践プロセス、あるいは戦略をブレイクダウンした『戦術』または『戦闘』だ。

 

このふたつは、目標と手段にあたる関係だ。

この違いが見えるだけでも、相当、会社の経営戦略の討議では違いが出るはずだ。お試しを。

クライアントの散髪屋でカット

国分寺で髪をカット。

このお店、『散髪ドーム』といって、カット+シャンプー+顔ソリ+ブローのフルセットを1800円でやる、低料金だが正統派の床屋だ。

QBは、激安だがサービスもそれなりだ。

散髪ドームは、安いがサービスも高品質だ。

はっきり言って気に入った。

今度、2月23日には中村橋店が新規オープンする。

実は、オープンのチラシに関してコピーライティングをやらせて頂くことになっていた。

『男前が上がる、正統派の床屋。』

帰りに浮かんだ。 どう?イイでしょ?

お店のファンがコピーライターって最高じゃないですか!

町田和隆公式サイト
市場戦略家町田和隆公式サイト
月刊無料メルマガ
メルマガ購読・解除
 
マイプロフです☆
Follow me !
kmachidaをフォローしましょう
町田和隆の著書

悩まずに! 今すぐ顧客が集まるマーケティング





綾小路有則氏の著書
おすすめPC
マウスコンピューター/LUV MACHINESシリーズ
おすすめワークステーション
最新のTBです♪
方程式 (勝手に出版社Blog(非公式サイト))
学会の総会開催!
グローバルサムライ (編集者・こてまるのお節介通信)
実践戦略学の実践
ライブドアブログのSEO強化カスタマイズ (初心者からのアフィリエイト完全攻略)
今日からはじめた!
最新のコメントです♪
自己啓発
  • ライブドアブログ
Syndicate this site